食生活を改善することも必要|糖尿病の知識を深めよう

カウンセリング

加齢で衰えた機能を改善

相談

逆流性食道炎の治療を受ける事で、詰まりや胃酸の逆流を解消できるため、診断を受けきちんと治す事が大切です。治療が人気の理由は以前のように快適な生活を取り戻せるため、衰えた機能が復活する事で健康体になれます。

もっと読む

血糖値の高い人は要注意

辛そうな人

血糖値の高い人は糖尿病の危険性があります。もちろん、血糖値は検査前日あるいは当日の食事にも左右されますが、もし、糖尿病だったらきちんとケアをしないと大変です。なぜなら糖尿病は合併症を引き起こしやすく、失明や人工透析、下肢の切断などの可能性のある病気だからです。

もっと読む

食事療法といっても

女の人

糖尿病の食事は特別に薬のように決められた食材や調理法方があるわけではありません。それぞれにあった1日の摂取エネルギーを守りながら、食べ過ぎを避けるようにします。その時には栄養のバランスをとることは大切なことになります。

もっと読む

血糖値が高くなる病気

病院

合併症を起こさないために

糖尿病は血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌量が少なかったり、効きが悪いために血糖値が高くなる病気です。生活習慣病といわれている2型(インスリン非依存型)糖尿病は長い期間をかけて徐々に発症することが多いため、初期の頃には自覚症状がなく血糖値が高くても気付かないことがあります。また、健康診断などで高血糖を指摘されても本人には痛みや辛さなどの症状があるわけではないので、放っておいても大丈夫と軽く受け止められてしまうこともあります。しかし、血糖値が高い状態が長く続くと血管が傷んで全身あらゆるところに合併症を引き起こしてしまいます。脳梗塞や心筋梗塞など命にかかわる病気や腎不全を起こして人工透析が必要になると生活上の制限も大きくなります。そのため、自覚症状のない初期のうちから糖尿病という病気をしっかり理解して血糖コントロールをしていくことが必要です。

食事を上手に摂るために

?型(インスリン非依存型)糖尿病の場合、治療の基本は食事療法と運動療法になります。それでも血糖コントロールがうまくいかない場合には、血糖値を下げる飲み薬が使われます。さらに病気が進んでインスリンの分泌量が少なくなるとインスリン注射も必要になります。糖尿病の食事というと、甘いものが食べられない、ご飯が少ししか食べらない、揚げ物などの油分の多いものが制限されたり味の薄い美味しくないものを我慢して食べないといけないなどのイメージがもたれがちですが、自分がどれだけのカロリーをとってよいかや食品に含まれる栄養素などを理解して工夫しながら食べれば、美味しく健康によい食事が楽しめます。参考になるのは食品交換表で、これは私たちが普段摂っている食品を表1〜表6のグループに分類してあり、1単位を80キロカロリーとしてその食品が1単位何グラムにあたるかが示してあります。この表の同じグループに入るものは交換可能で、例えばごはん1単位50グラムの代わりに食パン1単位30グラムを食べてもよいことになっています。こうした知識を身につけておけば、外食でも多くなり過ぎるものは残すようにすれば外食も可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加